ラクトプランとヨーグルトに含まれる乳酸菌の違い

ラクトプランとヨーグルトの乳酸菌の違い

ラクトプランは乳酸菌サプリメントですが、乳酸菌を多く含む食べ物としてヨーグルトがありますよね。

 

ところで、ラクトプランとヨーグルトに含まれている乳酸菌は何が違うのでしょうか。その違いを確認しておきましょう。

 

まず、ラクトプランの乳酸菌はラクトバチルス・プランタラムL-137という乳酸菌で、これはハウス食品部ループが20年以上の研究から見出した乳酸菌となっています。

 

一方、ヨーグルトに含まれている乳酸菌はラクトバチルス・ガセリやラクトバチルス・デルブレッキ・サブスプ・ブルガリカスなどさまざまな種類があります。

 

どちらが優れているというものではないのですが、違いとしてはラクトプランは免疫力を高める効果がある乳酸菌、ヨーグルトは主に整腸作用に効果がある乳酸菌というイメージを持つといいかもしれません。

 

乳酸菌の効果は複数あるのでどんな効果を求めているかで判断するのが適切だと言えるでしょう。

 

乳酸菌自体は優秀な菌として知られていますので効果で何から摂取するかを考えるといいですね。

免疫力を高める乳酸菌

免疫力を高める乳酸菌を探しているのならラクトプランはおすすめです。

 

ハウス食品グループが発見したL-137は加熱することで体を守るチカラを強くすることができ、さらにその状態をキープしているので免疫力を高めてくれるのですよ。

 

乳酸菌は生きた状態だと消化液によって壊れてしまい、腸に届く前に死滅してしまうというデメリットがあります。

 

死滅したあとでも効果が全くないということではないのですが、生きた乳酸菌を届けることができれば乳酸菌の持つ効果を最大限に引き出すことが出来るのですね。

 

ラクトプランの場合、加熱処理をしたことで死滅してしまうことなく腸に乳酸菌を届けることが出来るので、免疫力を高める効果がかなり期待できるということになります。

 

ラクトプランは免疫力を高めることに特化している乳酸菌サプリメントとなりますが、これができればあらゆる健康被害を改善できるきっかけを作ることができるので試す価値が非常に高いと思います。

 

免疫力を高めると土台ができるので、きちんと食事を摂ったり運動したりするような気持ちが持てるように生活が変わっていくということですね。

 

ラクトプランの守るチカラをサポートする効果をぜひ感じて欲しいです。

 

ラクトプランの体験談はコチラ