炭酸水は腸内環境に良い影響を与えるの?

炭酸水は腸内環境に与える

炭酸水は基本的に腸内環境に良い影響を与えます。ただし量や飲むタイミング等でそれを生かすことができるかと言う事があります。

 

腸内環境と言うのは常に循環しないといけないと言うことを考えないといけません。

 

なぜなら人の体は不純物や排泄物がいつまでも溜まる事が腸内環境を悪くする原因の1つになるからです。

 

簡単に言うと便秘はなぜいけないかそれは不純物が溜まっているから…と考えると分かりやすいと思います。

 

 

炭酸水は基本的に水の成分と同時に炭酸が腸内を活発させる作用を持っています。

 

一時期炭酸水を大量に飲むことがお腹をいっぱいにさせてダイエット効果があると言うことが言われていましたが、実は少量の炭酸水の場合は逆に食欲増進の効果があることが判明しています。

 

これは食欲増進効果が腸内を活発化させていると言えるからでしょう。

 

 

水が腸内に付着している不純物をふやかしてまた水に溶けることで排便の際に不純物を出しやすくし、同時に炭酸の作用が腸内を活発化にするので不純物の排泄を容易にすると言う効果があります。

 

これらのことから炭酸水は腸内環境に良い影響を与えると言えるでしょう。

 

もちろん薬と言うわけではないので約束事もありますのでその点についても知っておきましょう。

腸内環境を整えるための炭酸水

腸内環境を整えるための炭酸水の飲み方についてですが、「飲みすぎない」と言う事が大切になってきます。

 

1日に飲む量は1500mlまでにしましょう。炭酸は摂取しすぎると胃に負担がかかってしまい、不純物に対する免疫力がなくなり胃腸を傷つけてしまうこともあるので、必要以上に飲み過ぎるのはよくありません。

 

 

また、無糖の炭酸水を飲むことも大事になります。

 

こちらは直接腸内環境に影響及ぼすと言うよりも有糖の炭酸水にすると、極端に砂糖を摂取してしまいがちになってしまうからです。
大量の砂糖は腸内環境に悪影響を及ぼしますし、メタボリックシンドロームなどの原因にもなってしまいますので注意が必要ですよ。
特に、コーラはカフェインが含んでいて依存作用があるので特に気をつけたほうがいいです。

 

もちろん、嗜好品として少量飲むなら問題はありませんが、腸内環境を整えるための炭酸水は無糖の炭酸水と言う認識を持つことが大切になります。

 

 

また、健康を意識している人は飲む時間帯はどのタイミングがいいのか気になるかもしれませんね。

 

炭酸水は基本的にいつ飲んでもなんかしらの効果があります。もちろん、万能と言うわけではありませんけれど。

 

例えば食前ならダイエットの効果などが期待できますが、腸内環境を良くすると言う効果を求める場合は起きてすぐまたは入浴前後に炭酸水を飲むことをおすすめします。

 

 

前者は胃腸が寝ているタイミングに炭酸水を取り入れることで胃腸を活発にさせます。排泄物を出しやすくなると言う目的なら起きてすぐと言うことになります。

 

入浴前後は、基本的に代謝を良くするために摂取します。
代謝を促進すると言う事は基本的に不純物を取り除く為なので、体の不純物をとることで腸内環境が良化します。

 

 

炭酸水は適量で無糖のものであれば腸内環境を整えるには効果的と考えられますので、試してみるのもいいかもしれませんね。