乳酸菌の種類と数について

乳酸菌の種類はいくつ

「ビフィズス菌」「シロタ株」など乳酸菌に関する名前はたくさん聞いたことがありますが、いったいどのくらい種類があるのでしょうか?

乳酸菌種類

 

気になって調べてみたのですが、明確な数は報告されていません。
少なくとも数千種類はあるとされています。

 

 

乳酸菌には「お腹の調子を整える」ということが一般的には知られていますが、全ての乳酸菌がその効果をもっているとは限りません。

 

事実、乳酸菌HK L-137は免疫力を高めることに特化した乳酸菌です。

 

 

つまり一言に乳酸菌といってもその効果は違ってくるのです。

 

 

きちんとどんな効果があって、どのような状態の時に用いるのかを把握しておく必要があります。

 

このサイトで紹介しているラクトプランL-137は免疫力を高める効果があって、季節の変わり目や気温の変化などで体調を崩しやすい時が使用のタイミングとなっています。

 

 

どんな効果があるかをしっかりと把握しておくことで、意識が働きより高い効果が期待できますよ。

乳酸菌L-137の強さの秘密

なぜ乳酸菌HK L-137は他の乳酸菌よりも免疫力を高める効果が強いのか。

 

そこにはリポテイコ酸(LTA)という成分が関係してきます。

 

LTAは細菌の細胞壁にある成分なのですが、乳酸菌L-137は、菌の外に伸びたLTAの量が一般の乳酸菌よりもずっと多いです。

 

これが免疫賦活能に繋がっていることが研究によってわかっています。

 

乳酸菌 監視

 

 

乳酸菌は強くなければ意味がなくなってしまいます。

 

これは、腸は外敵が侵入しやすい場所ですし、最大の免疫器官と言われていることからもわかるかもしれません。

 

主に乳酸菌HK L-137が活躍する小腸では特別な免疫組織が発達していて、消化物にまぎれて外敵がいないかを監視しています。

 

その時に乳酸菌のチカラで免疫細胞を活性化させる必要があるのです。

 

乳酸菌HK L-137のように十分な活性を保ったまま腸で働くことはとても重要なことですね。

 

 

乳酸菌をただ摂取するのではなく、強い乳酸菌を摂取することがあなたのカラダをサポートしてくれるのです。

 

 

ラクトプランL-137の通販情報のページへ進む