ラクトプランの成分とは?

ラクトプランL-137の成分と原材料

乳製品 アレルギー

ラクトプランL-137の成分と原材料について紹介していきますね。

 

ラクトプランL-137の主成分は乳酸菌加熱菌体(HK L-137)というものですが、このHK L-137の力はこの乳酸菌サプリメントの重要なポイントとなっています。

 

 

HK L-137の詳細はコチラから

 

 

HK L-137について確認したら、まずは栄養成分に関して確認してみましょう。

 

 

栄養成分

タンパク質・脂質・炭水化物・ナトリウム・ビタミンB1
ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンC・ナイアシン

 

 

続いて原材料に関しても確認してみましょう。

 

原材料

マルチトール・コーンスターチ・乳酸菌加熱菌体末・ビタミンC・ナイアシン・
ショ糖エステル・ビタミンB2・シェラック・ビタミンB1・ビタミンB6・(※原材料の一部に乳成分を含む)

 

 

乳酸菌に副作用はないと説明しましたが、ラクトプランL-137にはアレルギー物質25品目のうち、乳製品を含む原料を使用しています。

 

ですので、乳製品にアレルギーのある方はご使用を控えるようにしてくださいね。

 

その他のアレルギー物質は含まれていませんので、安心してご使用ください。

商品に関する注意点

ラクトプランL-137に関してアレルギー以外の注意点もいくつかございますので、こちらできちんと確認しておきましょう。

 

ラクトプランL-137の注意点
  • 開封後はしっかりと封を閉めてお早めにお召し上がりください。
  • 未開封時の賞味期限は製造後2年となっていますのでご確認ください。

     

  • 体質に合わない場合はご使用をお控えください。
  •  

  • 乾燥剤が入っていますのでご注意ください。
  •  

  • 妊婦、授乳中の方やお薬を服用されている方はお医者様にご相談ください。
  •  

  • お子様の手の届かないところに保管してください。

時間 アレルギー

 

以上がアレルギー以外に主に注意する点になります。

 

 

 

ラクトプランL-137は1日に3粒を目安に召し上がるように支持されていますが、この回数は減らしても問題はありませんので、体調に合わせて使用回数を工夫してください。

 

飲む時間帯もいつでも構いませんよ。

 

 

また、3粒より多く飲んでも大丈夫なのかという疑問があるかもしれませんが、基本的には問題ありません。

 

ただし、乳酸菌は一度に大量に摂取するのではなく、毎日こまめに摂取するほうが効果がでますので、適切な量の目安で摂取することをおすすめします。

 

飲む量を増やしても効果が高まるわけではないので、時間をかけてじっくりと体質改善していきましょう。

 

ラクトプランL-137とは?