夏バテは乳酸菌で克服しよう!

夏バテは乳酸菌で克服!

夏バテがどんな症状かといえば、吐き気や食欲不振、だるくて疲れやすいなどいろんな症状が複合的に重なったものが夏バテの症状となります。

 

いろんな症状があり、原因も一つではないので意外と対策方法に悩んでしまうことがありますよね。

 

そこで活躍してくれるのが乳酸菌です。

 

なぜ乳酸菌が活躍してくれるのかというと、乳酸菌には自律神経の乱れを整えてくれる効果があるからです。

 

最近の夏バテの原因が冷房の使用による温度差の違いが関係していると考えられているのですが、これにより自律神経が乱れてしまいがちなのです。

 

昔は暑くて食欲が湧いてこないという食欲不振が多かったのですが、今は冷房の効いた部屋で休んだり仕事をしたりすることができるようになりましたよね。

 

 

すると、涼しい部屋に体が慣れてしまうので、移動するときなどで夏の暑い空気の中にさらされると体が上手く対応することができなくなってしまうのです。

 

このときに起きてしまうのが自律神経失調症と呼ばれる自律神経が混乱してしまう状態です。

 

自律神経が乱れてしまうと体が上手く働かないので吐き気やめまい、食欲不振や疲れやすさなどの夏バテ症状がでてきてしまうのですよ。

 

 

では、乱れた自律神経を正常な状態に戻すためにはどうしたらいいのかというと、ここで乳酸菌の出番になります。

 

乳酸菌は腸内環境を整えてくれるのですが、腸は第二の脳と呼ばれるように体を正常に働かせるために重要な役割を果たしている部分になるのですね。

 

つまり、腸内環境を整えることは体の働きを正常にしてくれることになり、それは自律神経の乱れを正常な状態に戻してくれることにもつながるということになるのです。

 

夏バテの症状で一番厄介なところは、症状が一つだけではないということです。

 

例えば、食欲不振でご飯が食べられなければ疲れやすくなってしまいますし、眠れない状態が続くと頭痛や吐き気の症状も出てきてしまうなど複合的に問題が起きてしまう傾向にありますよね。

 

そうすると何から手をつければいいのかわからなくなってしまい、適切な対処法ができなくなってどんどん体調が悪くなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

体温の調節がうまくできず自律神経が乱れてしまっていることが近年の夏バテの原因として多いのなら、乳酸菌の力を使って自律神経の乱れを正常にすることが夏バテを克服する一番の解決策になるかもしれません。

 

もし、毎年夏バテになってしまい、体調を崩しがちなら今度は乳酸菌を使ってみてはどうでしょうか。

 

今年は夏バテに悩まされずに済むかもしれませんよ。

 

 

ラクトプランL-137の詳細はコチラ