マルチトールは虫歯になりにくい?

マルチトールは虫歯になりにくい?

マルチトールと虫歯の関係

マルチトールは甘味料として主に砂糖の代用品として使用されます。

 

砂糖以外の甘味料、いわゆる代用甘味料は「独立行政法人農畜産業振興機構での分類」を元にすると、大きく分けて2つあり、一つは糖質系甘味料、もう一つは非糖質系甘味料に分けられます。

 

ラクトプランL-137に含まれている甘味料のマルチトールは糖質系甘味料に分類されるのですが、この糖質系甘味料もさらにでんぷん由来の糖、その他の糖、糖アルコールの3つに分けられます。

 

マルチトールはこのなかでも糖アルコールというものにあたり、たとえばキシリトールなどと同じ分類になります。

 

この糖アルコール類は低カロリー血糖値をあげないなどの特徴を持ち、さらに虫歯になりにくいという効能を持っています。

 

マルチトールという名前はあまり聞いたことのない方もいると思いますが、キシリトールはよくガムなどに使用されているのでご存知の方もいると思います。

 

 

要するに、糖アルコール類というのは虫歯になりにくい力をもっている糖質であるということです。ただし、糖アルコールは多量に摂取するとお腹を壊す作用ももっていますので、摂り過ぎには注意してください。

関連ページ

マルチトールは下痢を引き起こす?
マルチトールは下痢を引き起こす成分でもあると言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。マルチトールの安全性や副作用に関してみてみましょう。