ラクトバチルス・プランタラムとは

ラクトバジルス・プランタラムとは?

乳酸菌は細かく見てみるとたくさんの属性や種類があります。その中でラクトプランL-137は「ラクトバジルス・プランタラム菌」という乳酸菌が含まれています。

 

この「ラクトバジルス・プランタラム」とはいったいどのような特徴をもった菌なのかを紹介していきたいと思います。

 

 

この菌の特徴は酸に強く、胃酸でも大部分が死なずに腸にまで到着する力を持っています。また、整腸作用の他に免疫力の向上免疫細胞のバランス改善によるアレルギー症状の緩和や予防、軽減作用があると言われています。

 

 

ラクトバジルス属の菌は主に漬物などに多く存在する菌であるとされ、食料の保存として活躍してきた歴史があります。

 

この属の菌の一部にはアルコールに強いものも存在しています。これは日本酒などの酒類から発見されるもので、この菌が混入したお酒は、独特の香りや酸味を持つようになると言われています。

 

日本酒で利用されているものはあまりありませんが、ワインなどの酸味を求めるお酒では利用されることもあります。

一般的に乳酸菌と呼ばれている細菌

一般的に乳酸菌と呼ばれている細菌、たとえばブルガリア菌やガゼイ菌などは主に6つの属性に分けられます。
ここでは6つの属性とその特徴を紹介していきます。

 

 

ラクトバジルス属

特徴・・・酸に強く、酸素のないところでも繁殖することができる。腸内環境を整える効果がある。

 

ビフィドバクテリウム属

特徴・・・アレルギー予防効果や感染防御効果が期待されている。

 

エンテロコッカス属

特徴・・・整腸効果があり、善玉菌を増やして便通を良くしてくれます。また、コレステロールや中性脂肪を低下させる。

 

ラクトコッカス属

特徴・・・精神バランスを安定させ、ストレスを緩和するのでリラックス作用がある。

 

ペディオコッカス属

特徴・・・肌荒れの改善やメタボリックシンドロームの予防させる。

 

リューコノストック属

特徴・・・酸素が少ないところでも繁殖して酸化を防ぐ役割を持つ。

 

 

以上が一般的に乳酸菌と呼ばれている細菌とその特徴になります。
人間にとって必要な菌ですので、毎日続けて摂取するようにしていきましょう。

 

乳酸菌HK L-137とは?のページへ進む