乳酸菌HK L-137とは?

乳酸菌HK L-137とは?

ラクトプランL-137の主成分は乳酸菌HK L-137です。

 

この乳酸菌HK L-137はあまり聞き馴染みのない成分なので「一体何なのか?」と疑問に思っている方も多いと思います。

 

簡単に言えば、「HK L-137」というのはラクトバチルス・プランタラムL-137という乳酸菌を加熱処理したものです。

 

なれずし 乳酸菌

 

乳酸菌L-137はアジアの伝統的な発行保存食「なれずし」から発見されました。

 

握り寿司などの酢飯を使った寿司がありますが、その原型は魚とご飯を乳酸菌で発酵させた保存食「なれずし」というものだとされています。

 

日本では滋賀県の鮒寿司が有名ですよ。

 

このなれずしのルーツは東南アジアだとされており、乳酸菌L-137はこの東南アジアのなれずしから見つけられました。

 

 

この乳酸菌L-137を加熱殺菌した(Heat Killed)という意味から「HK L-137」と名付けられました。

 

HK L-137は「お腹の調子を整える」ことを特徴とした乳酸菌ではありません。

 

その代わり、私達のカラダの防衛本能、いわゆる「免疫力」を高める作用がありますので、ラクトプランを愛用していけば体質改善することができるでしょう。

 

ラクトプランの体験談

HK L-137とハウス食品

ハウス食品は「食」と「健康」をテーマに事業を行っており、そのベースとなる「免疫」についていち早く着目し、長年研究を続けていきました。

 

その中で出会ったのが乳酸菌L-137です。

 

乳酸菌L-137

 

 

免疫機能の改善に役立つ素材を求める研究をスタートしたけれども、なかなか決定的な素材を見つけられずにいた時に、研究員から

 

「面白い菌があるんだけど・・・」

 

という報告がありました。

 

 

その菌は、発酵に関しておもしろい性質をもっており、免疫に関しても調べてみたところ、この菌にはこれまでの素材にはない極めて強い※免疫賦活(ふかつ)能がありました。

 

しかも、加熱処理することで衰えるどころかさらに強くなっていき、それがラクトバチリス・プランタラムL-137だったそうです。

 

 

それから研究を重ね、免疫賦活能がさらに高まるような検討を重ね生まれたのが乳酸菌HK L-137であり、この度ラクトプランL-137として商品化されたのですね。

 

偶然と研究の積み重ねが誕生の裏側には存在していたようです。

 

※免疫賦活能・・・免疫力を高める力