ラクトプランL-137の副作用

ラクトプランL-137の副作用に関して

ラクトプランL-137にどんなに良いサプリであるとか効果があると言われても、やはり気になるのは「副作用」ではないでしょうか。

 

乳酸菌博士

 

ラクトプランL-137の副作用ついてですが、特に心配する必要はありません。

 

というのも、ラクトプランの主成分である乳酸菌には副作用がないからです。

 

 

乳酸菌は腸の中に存在する細菌ですので、害になるということはまずないはずです。

 

もし、乳酸菌を大量に摂取したとしてもそれは変わりませんよ。

 

 

また、乳酸菌はその多くが腸内にたどり着く前に胃液や胆汁などによって死滅してしまいます。

 

ですので、大量に摂取してもそのほとんどが腸内に届かないので、体調をよくする効果を得られないのですね。

 

 

けれども、ラクトプランL-137に含まれている乳酸菌HK L-137は加熱処理することで腸内に届く乳酸菌として、より強く、安定した新しい乳酸菌になります。

 

よって、より強い免疫力をもった強い体へとカラダの内側からサポートしてくれるわけなのですよ。

 

 

ちなみに乳酸菌はお腹の中で増えるということがありません。

 

なので口から摂取した乳酸菌をどれだけ届けられるかで腸内の乳酸菌の量が決まるのです。

 

その点、ラクトプランは生きたまま乳酸菌を腸に届けてくれるので、効果が期待できるのですね。

副作用が起こる理由

乳酸菌には副作用がないと書きましたが、

 

「乳酸菌を含んだものを摂取して下痢になってしまったことがある」

 

という方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

ですので、本当に乳酸菌に副作用がないのか心配されている方もいると思います。

 

 

もしかしたら、それは乳酸菌乳酸菌飲料を混ぜて考えているのかもしれません。

 

 

乳酸菌は先程も説明したようにもともと腸内に存在している細菌ですから、それが原因で下痢になったとは考えにくいですが、これが乳酸菌飲料となると話が変わってきます。

 

ヤクルトなどに代表される乳酸菌飲料は牛乳の乳酸菌を発酵させた「発酵乳」です。

 

発酵乳には乳糖を含んでいるのですが、個人差によって代謝できない方もいるのですね。

 

代謝が上手くできない人は上手に消化することができないので、乳糖が原因で下痢になるというわけです。

 

もちろん全ての乳酸菌飲料が自分に合わないというわけではないので、一概にこれだけが原因で下痢の副作用を起こしたとは言えないのですが、可能性としては考えられるので体質次第ですね。

 

もし、乳酸菌が原因で副作用を起こすのであれば、ラクトプランL-137のような乳酸菌を含んだ商品は販売されません。

 

食物アレルギーを確認すること、通院している方は除きますが、ラクトプランL-137には副作用はないので安心して使用することができます。

 

ラクトプランL-137