腸内細菌は日和見菌が健康の鍵を握っている

腸内細菌には善玉菌と悪玉菌と日和見菌がある

腸は「あらゆる病気の発症源」とも言われる健康の要と言える場所です。

 

便秘や下痢などは腸が発している病気のサインであり、これらの病気を引き起こすかどうかは腸内細菌が健康であるかどうかが大きく関係しています。

 

 

腸内細菌というと大きく分けると善玉菌と悪玉菌という言葉が多く聞かれますが、実はもう一つ菌があり、それは日和見菌と呼ばれるものです。

 

善玉菌は栄養を生み出したり、消化や吸収を助けるなどのよい働きをする菌であり、一方で悪玉菌は腸内を腐敗させ、腸内を攻撃します。

 

そして日和見菌は、善玉菌と悪玉菌の勢力の強い方になびいていく主体性のない菌となっています。

 

このようにみてみると主体性がないので、重要ではないと考える方もいますが、けっしてそんなことはないのです。

 

なぜなら、この日和見菌というのは3つの菌の中でもっとも割合が大きく、約70%を占めているのです。

 

善玉菌は約10%、悪玉菌は約20%の割合となっているので、日和見菌をどれだけ善玉菌に変えられるかが大切なのですよ。

 

 

日和見菌を善玉菌へと変えるには、体調管理をしっかりと行う必要があります。

 

腸内では常に善玉菌と悪玉菌が勢力を広げようと戦っているので、ストレスを大きく感じていればそれだけ、悪玉菌が増えていってしまいます。

 

悪玉菌が増えてしまえば、風邪や便秘などの症状を引き起こしてしまいますし、その状況を改善させなければ、症状はどんどん深刻化していってしまい、病院で治療をしなければ治せない病気へとなってしまいます。

 

ですので、しっかりと日和見菌を体内で味方につけられるような腸内環境を作っていくようにしましょう。