マルチトールとは

マルチトールとは

マルチトールの構造式

ラクトプランL-137に含まれている原材料でもあるマルチトールですが、マルチトールとは還元麦芽糖のことで、マルトース(麦芽糖)という糖アルコールの一種です。
マルチトールは、砂糖の約90%ほどの甘味を持ち、グリセリンなど他のアルコール糖と比べて温和で上質な甘味があります。

 

腸管から比較的吸収されにくく、10%〜20%が小腸から吸収されます。人の小腸粘膜酵素によって1/40程度しか分解されません。マルチトールは小腸でブドウ糖(グルコース)とソルビトールに分解されるのですが、ブドウ糖は速やかに吸収され、ソルビトールはゆっくりと吸収されたのち果糖に代謝されます。

 

60%〜80%が大腸で分解され腸内細菌に利用されて脂肪酸となり、体内に吸収されてエネルギーになります。

 

吸収されなかった残りは排泄されます。

 

 

マルチトールは血糖値を緩やかに上昇させると言われています。一般的に砂糖の半分近く程度上昇させるといわれていますが、個人差がありますので糖尿病などをお持ちで血糖値をコントロールされている方は少し注意が必要です。

 

カロリーは100グラムあたり200〜220キロカロリーで砂糖の半分ほどのカロリーになります。マルチトールは砂糖よりも甘さが控えめで低カロリーの糖質だと言えます。

マルチトールとは記事一覧

マルチトールは虫歯になりにくい?

マルチトールは甘味料として主に砂糖の代用品として使用されます。砂糖以外の甘味料、いわゆる代用甘味料は「独立行政法人農畜産業振興機構での分類」を元にすると、大きく分けて2つあり、一つは糖質系甘味料、もう一つは非糖質系甘味料に分けられます。ラクトプランL-137に含まれている甘味料のマルチトールは糖質系...

≫続きを読む

 

マルチトールは下痢を引き起こす?

低カロリーの甘味料として用いられているマルチトールは特定保健用食品の許可がされていますが、安全性に関しては特に問題はないのでしょうか。マルチトールには下痢の副作用を引き起こす可能性があると言われています。なぜなら吸収されにくい性質を持つからです。しかし、一度に大量に摂取すると下痢や軟便などの胃腸に影...

≫続きを読む