40歳を過ぎて離婚した男性はガンになりやすい

離婚後の食生活の乱れに注意!

食生活の乱れ

少々ショッキングなお話になるのですが、大切なことですのでこちらで書かせていただきたいと思います。

 

40歳を過ぎてから離婚をした男性はガンになる確率がものすごく高いのです。

 

 

その一番の理由としては「食生活の乱れ」が挙げられます。

 

 

全ての男性にあてはまるわけではありませんが、離婚した男性は料理経験があまりなく、つい簡単に食べることができるコンビニ弁当やファーストフードに手を出してしまいがちです。

 

好きなものを好きなだけ食べるようになり、食生活が乱れてしまいます。すると、栄養バランスが偏ってしまい、腸内細菌が減少します。

 

そして、免疫力が低下してしまい、ガンになるリスクが高くなっていくのです。

 

 

わかりやすく離婚した男性という風に書きましたが、これは奥さんに先立たれてしまった人にも言えることでもあります。配偶者を亡くした男女の残り寿命は女性は20年であるのに対して、男性は5年とはるかに短いのです。

 

 

女性が離婚などでガンになりにくいのは、自分で料理をする人が多いからです。つまりは、食事こそがもっとも大切なことであって、バランスのとれた食生活というのを意識する必要があるのです。

 

 

また、根本を話すのなら、離婚しないで夫婦円満で過ごすことができるのならこういったガンのリスクを減らすことができます。

 

せっかくこのサイトのこの文章を読んでいただいているわけですから、これをきっかけに日頃の感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

 

そういった気持ちは精神面だけではなく、腸にも良い効果をもたらしてくれますよ。

 

トップページへ戻る