乳酸菌と赤ちゃんのアトピー予防

乳酸菌と赤ちゃんのアトピー予防

生まれてくる赤ちゃんにはできればアレルギー体質を持っていないことを望みます。

 

そのために、妊娠期間中に食事制限を行って、赤ちゃんがアレルギー体質にならないように気を使っているお母さんもいらっしゃると思います。

 

 

しかし、いくら気をつけていたとしても自分がアレルギー体質であったり、そもそも生まれてくる赤ちゃんがアトピーにならないためにどんなことをしたらいいのかわからない方は不安に感じていることでしょう。

 

 

 

赤ちゃんのアトピーを改善する方法のひとつとして、乳酸菌が大事な役割を果たしていると言われています。正確に言うと、乳酸菌を摂取して腸内環境を整えることが大切であるとされています。

 

 

2007年のドイツの医学報告によると、赤ちゃんのアレルギーは、一番外界と濃厚に接触する腸内環境で免疫が正常に発達するかどうかが決まってくるとのことです。

 

要するに、赤ちゃんのアレルギー体質は、妊婦の食事による影響よりも、妊婦の腸内環境が大事であるということです。

 

つまり、腸内環境を整える乳酸菌が赤ちゃんのアトピーを予防する可能性を高めてくれるわけなのです。

 

 

もちろん、必ずしもアトピーやアレルギーなどと無縁の状態になるものではありません。

 

たとえ妊娠中に腸内環境を整えていても生まれてくる赤ちゃんがアレルギー体質を持っている可能性はありますし、腸内環境を整えるために乳酸菌を大量に摂取してしまうと、逆にお腹の調子を壊してしまい、下痢になってしまうこともありますので、注意が必要です。

 

腸内環境を整えるには善玉菌と悪玉菌のバランスが大切ですので、その点は忘れないようにしてください。