自律神経失調症と更年期障害の違い

自律神経失調症と更年期障害

更年期障害の症状

自律神経失調症の主な症状としては肩こりやめまい、吐き気などが挙げられますが、これと似たような症状を持つ病気があります。
それが更年期障害です。

 

この2つは非常に似た症状を持っていますが、それぞれの病気に何か違いはあるのでしょうか。

 

細かく言うならばと、更年期障害が自律神経失調症を誘発する原因のようなものであり、自律神経失調症は更年期障害の代表的な症状であると言えます。

 

 

自律神経失調症はストレスや不規則な生活が原因で発病するのが主な原因である一方で、
更年期障害は体質が原因で生じている病気であると言えます。

 

更年期障害が元で自律神経失調症になる患者は女性が多く、男性の2倍と言われています。

 

特に40代後半から50代前半にかけて発症率は高くなるとされ、これは主に女性ホルモンの分泌が急激に減少するからです。
女性ホルモンの分泌が減少することで自律神経の働きが乱れ、肩こりなどの症状が現れます。

 

更年期障害は女性特有の体質から生じる病気の代表とも言えます。

主な治療方法

旅行

自律神経失調症はストレスが原因で発症することが多く、ストレスを溜めないような生活を送ることやストレスをうまく発散することで改善していくことが理想的であるとされています。

 

 

更年期障害も同じような症状がありますので、基本的にはストレスを溜めない生活を送ることで改善していくことができます。

 

 

しかし、更年期障害は女性ホルモンの減少が原因である場合もございますので、そういった場合は婦人科で処方される薬や漢方薬などでも対処することができます。

 

その場合はしっかりと医師の診断を受けることを忘れずにしてください。

 

 

よく『病は気から』という言葉がありますがこの言葉は本当で、積極的になったり、明るい未来をイメージすることは非常に大切なことです。

 

なぜなら、こういった病気は精神的なものが大きく関係しています。半年や1年後の明るいイメージをすることは難しいかもしれませんが、美味しいものを食べる、旅行に行くなどすぐにでもできることはありますから、まずはできる範囲で明るいイメージを持つようにしてみましょう。

 

自律神経失調症と薬