乳酸菌と喫煙の関係

乳酸菌は喫煙に負けない

タバコと乳酸菌の関係

乳酸菌を摂取して、免疫力を高めたとしても毎日の生活習慣の中でその効果を下げてしまうことがあります。
それが『喫煙』です。

 

タバコを吸うと免疫力が下がると言われていますが、乳酸菌の持つパワーは喫煙などの影響に負けないと言われています。

 

もちろん喫煙だけではなく運動不足や睡眠不足などそのときの体調にもよりますが、多少の喫煙であるなら、L-137乳酸菌の免疫力改善のチカラで体内環境を守ってくれます。

 

 

現在は歩きタバコを禁止して、指定の場所でのみ喫煙できたりするなどタバコを吸う人にとっては少し生きにくい世の中になっています。それでも、一部の方にとってはタバコはストレスを発散させるためにも必要なものでもあると思います。

 

ですので、もし今後もタバコを吸う環境を続けていくのであるならば、こういった乳酸菌のチカラを借りてみるのも必要だと思います。やはり、健康に勝るものはありませんからね。

 

タバコと乳酸菌とうまく付き合っていくように意識するといいかもしれません。

喫煙者は免疫力が低下している

タバコと免疫力

そもそも、タバコを吸う人はなぜ免疫力が落ちてしまうのでしょうか。

 

喫煙者は免疫力が低くなっているといいますが、それはタバコに含まれているニコチンなどの有害物質が免疫力を低下させているからです。

 

たとえば、タバコの有害物質の一つであるニコチンは、血管を収縮させてしまい、血の流れを悪くしてしまいます。

 

また、タバコを吸うと一酸化炭素が発生します。この一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結合し、酸素を全身に供給することを阻害します。

 

すると、体内は慢性的な酸欠状態になり、栄養素の運搬や老廃物の回収機能が衰えてしまうのです。そして、こういった問題が体内のさまざまな作用に影響を及ぼし、免疫力が低下してしまうのです。

 

 

喫煙者であってもL-137乳酸菌の力をもってすれば、低下した免疫力を向上させることはできます。しかし、あまりにも喫煙量が増えてしまうと改善することができなくなってしまう恐れもありますので、喫煙はほどほどにしましょう。