水キムチに含まれる乳酸菌の数はキムチよりも多い

水キムチと乳酸菌の関係

 

 

体にいいとして有名なのが『乳酸菌』。

 

乳酸菌をより多く摂取することができる商品というのがここ最近では多いですが、これらの商品を使うことなく乳酸菌をサプリメントで摂取している方も多いと思います。

 

けれども、できることならしっかりと食品から乳酸菌を摂取し、サプリメントは名前の通り補助食品としてバランスよく摂取していきたいですよね。

 

 

食品から乳酸菌を摂取できる食べ物で注目されている食べ物があります。
それは水キムチです。

 

 

 

 

水キムチは水を発酵させて作っていて、発酵食品だからこその乳酸菌が多く含まれています。

 

水キムチは普通のキムチと違い、唐辛子やにんにくなどを使用していませんので、ほとんど辛くありません。ですので、キムチが苦手な人であっても、また、辛い食べ物を苦手としている人でも食べることができます。

 

 

もちろん、辛いのが好きな方なら普通のキムチもオススメします。

 

 

水キムチは普通のキムチと比べても、乳酸菌の量が多く、かなりの量の乳酸菌が含まれています。これは水キムチに含まれている乳酸菌の量が約3億個であり、普通のキムチが約1億6000万個と言われていることからもその圧倒的な量を理解していただけると思います。

 

 

水キムチといっても、もとは普通のキムチですので、しっかりと発酵させて作っています。なので乳酸菌は多いのです。

 

 

乳酸菌には美肌効果や、腸内環境を整える効果がありますので、便秘などで悩んでいる人は水キムチを食べ続けてみるのもいいかもしれません。

 

 

絶対に効果アリとは言えませんが、かなりの効果を期待することができます。

 

ただ、無理に多く食べたりすることによって栄養のバランスが傾き、体調不良になる可能性もありますので、適正の量で程々にしておくことも必要です。

 

足りない分はその他の食品やサプリメントで補うようにしましょう。

 

ヨーグルトやチーズなどであまり乳酸菌の効果を実感できていない人は、水キムチの力を一度体験してみるのもいいかもしれませんね。

 

トップページへ戻る