乳酸菌と加熱

乳酸菌と加熱

乳酸菌の含まれている商品はたくさんあります。

 

ヨーグルトやキムチなどの食品やヤクルトに代表されるような飲料、味噌や日本酒などの発酵商品など様々なものが日常で何気なく摂取しています。

 

これらの乳酸菌を含む商品をスーパーで眺めてみると、無殺菌や殺菌などの表示が書かれているものがあるのをご存知でしょうか。

 

 

食品には乳酸菌が使われているものがあります。

 

その理由としては、体に良い影響を与えてくれる効果が期待できることは一般的に知られていますが、それに加えて、程よいさっぱりとした酸味や香りをプラスして、味をよくする効果があることが理由となっています。

 

この味のよさは、乳酸菌が分解された際に生成する乳酸によるものなのですが、乳酸菌商品の一部では、その酸味が一定数を超えるために、酸が強さが増し、容器が溶けて破損してしまう原因になることや、旨味が減少してしまうので商品にすることができない場合があります。

 

そういった場合、乳酸菌を加熱し、殺菌して死滅させています。

 

特に乳酸菌飲料にはこの処理されている物が多く、さっぱりとした酸味を保つためにどうしても必要な処理になっています。

 

また、アルコール商品を醸造する際に、雑菌として扱われるアルコールに強い乳酸菌が存在しているのですが、この乳酸菌はお酒の発酵の促進を早めてしまうことがあります。
それによって腐ってしまうことがあるので、アルコール商品の乳酸菌も加熱処理が必要となります。

 

以上のように、加熱処理された乳酸菌は死滅していることから、乳酸菌の効果はないのではないかと思っている方もいらっしゃいますが、乳酸菌は死滅した状態でも生成された乳酸はなくなることはありません。

 

なので、腸内でしっかりと作用します。

 

多くの乳酸菌は胃酸や体内環境の変化によって分解されてしまうのですが、乳酸菌は死滅した状態となるので、直接腸内に届いて善玉菌のエサとなります。また、腸内に溜まった老廃物を吸着することで便と一緒に体外に排泄する働きや、免疫細胞を活性化させる効果があります。

 

ラクトプランL-137のように加熱処理することでパワーアップする乳酸菌もありますが、通常の商品の死滅してしまった乳酸菌でも、無殺菌の乳酸菌商品と同じように腸内で働くので、加熱することでその効果を失うことはありません。

乳酸菌と加熱記事一覧

水キムチに含まれる乳酸菌の数はキムチよりも多い

体にいいとして有名なのが『乳酸菌』。乳酸菌をより多く摂取することができる商品というのがここ最近では多いですが、これらの商品を使うことなく乳酸菌をサプリメントで摂取している方も多いと思います。けれども、できることならしっかりと食品から乳酸菌を摂取し、サプリメントは名前の通り補助食品としてバランスよく摂...

≫続きを読む