乳酸菌と下痢

乳酸菌と下痢

乳酸菌を摂取すると下痢になると言われたりしていますが、実際はどうなのでしょうか。

 

結論から言えば、乳酸菌を摂取することで下痢になってしまう可能性はあります。

 

 

これは、お腹の中の環境が急激に変化することに体がついて行かないことが原因であると考えられます。ただし、これは一時的なものであり、腸内環境が正常になるにつれて下痢の症状は改善されていきます。

 

 

だいたい乳酸菌を摂取し始めてから3日〜1週間くらいの間で下痢の症状が出ることがありますが、この時に乳酸菌を摂取することをやめないようにしていただきたいです。乳酸菌を摂取することが原因でお腹を壊してしまうので、あくまでも一時的なことであり、腸内環境が落ち着いてくると、下痢の症状も徐々に回復していきます。

 

 

もともとが異常な腸内環境だったのですから、それが正常に戻っているんだと感じていただきたいです。

 

それでも下痢になってしまうのは辛いと思いますので、そのときは摂取量を減らすようにして対処してください。大切なのは続けることです。

乳酸菌と乳酸菌飲料の違い

乳酸菌を摂取すると下痢になると書きましたが、そのおもな原因としては乳糖が関係している場合がほとんどです。

 

乳糖とは牛乳や乳酸菌飲料に含まれていることが多く、腸内が乳糖に対して免疫があまりない場合にうまく分解することができずに、下痢になってしまうのです。

 

ですので、牛乳のアレルギーがある方は乳酸菌飲料の服用は控えたほうがいいでしょう。

 

 

また、飲料の場合冷たくして飲むことが多いですが、これも下痢を引き起こす原因のひとつとなっています。というのも冷たいものを飲むとカラダが冷えてしまいますので、下痢を引き起こしやすい環境にしてしまいます。

 

カラダを冷やすことは下痢だけではなく、万病の元でもありますので、できれば避けるようにしたいです。

 

 

カラダを冷やさずに乳酸菌を摂取するのであるなら、サプリメントがおすすめです。ラクトプランL-137は加熱処理をしたことで生きたままの乳酸菌を腸内に届けてくれるので、効果も高いですよ。